サイクリストの聖地「しまなみ海道」とは

全長約70kmの愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「しまなみ海道」。綺麗な海や島々を眺望しながら楽しめるサイクリングスポットは国内外から人気を集め、「サイクリストの聖地」として知られています。しまなみ海道には初心者でもサイクリングが楽しめる走行環境が整備されています。今回はその魅力をご紹介します。

 

「海の上を走る」爽快な体験

今治のスタート地点から大島をつなぐ全長4kmの来島海峡大橋。世界初の三連吊橋として9年もの月日をかけて建てられました。遠くに見える瀬戸内の多島美に向かって橋の上を走らせ、「海の上を自転車で走っている」感覚が楽しめます。島々や船を眺めながらのサイクリングは何度訪れても飽きず爽快感を得ることができます。

 

初心者でも安心のサイクル環境

サイクリング推奨ルートには「ブルーライン」が引かれているので、水色の線に沿って走るだけで道に迷う心配はありません。また尾道や今治への地図看板や残り距離がキロ表示があるので、初めて走る道でも安心です。

 

ミシュランが認めた「しまなみ海道サイクリング」に世界が注目

しまなみ海道は、アメリカCNNのトラベル情報サイトで「世界7大サイクリングロード」に選ばれ、フランスミシュラン社のガイド誌の1つ星を得ています。サイクリングイベント「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会サイクリングしまなみ2016」は日本で唯一、高速道路を開放したイベントとして大きな話題となりました。このように国内外から注目されるしまなみ海道は、サイクリストの聖地として発展を続けています。

 

E-BIKEでしまなみ海道サイクリングを楽しもう!

E-BIKE RESORTでは、しまなみ海道でE-BIKEを体験できる施設を多数ご用意。電動の力を借りて初心者でも簡単に楽しくサイクリング体験ができます。ぜひお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

E-BIKE(イーバイク)とは?